2020年10月5日月曜日

企業における任期制自衛官の活用(雇用)のお願い(防衛省)


 「任期制自衛官制度」は、自衛官の任用制度の一つであり、採用者(高卒程度を想定)は、まず、陸上・海上・航空自衛隊の自衛官候補生に採用され、約3ヶ月の教育訓練修了後に2等陸士・2等海士・2等空士に任期付で任官します。任期は、陸自は2年、海・空自は3年(それぞれ、自衛官候補生であった約3ヶ月含む。)であり、任期満了時には、引き続き自衛隊でもう一任期勤務するか、民間企業等に就職するかを選択することとなります。

 任期制自衛官は、各種教育や厳しい訓練、部隊における各種任務等を通じ、規律正しさや責任感、実行力などを修得しており、企業にとっても即戦力となり得る人材です。

 つきましては、景況厳しい折まことにおそれいりますが、本趣旨をご賢察のうえ、再就職を希望する任期制自衛官の活用促進にについて、ご協力のほどよろしくお願い申しあげます。

<ご参考>

○任期制自衛官のご活用のお願いについて(防衛省資料)
https://www.jcci.or.jp/20200901.pdf
・任期制自衛官制度の概要や、雇用企業の声などが記載されております。

○一般財団法人自衛隊援護協会
http://www.engokyokai.jp/index.php
・本部および全国7支部(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡)で、退職自衛官の再就職に関する援護業務を実施しています。

○自衛隊石川地方協力本部
921-8506 石川県金沢市新神田4丁目3番10号 金沢新神田合同庁舎3F
076(291)6215

0 件のコメント:

コメントを投稿