2021年1月22日金曜日

小規模事業者持続化補助金<一般型>第3回受付締切分の採択結果発表


 小規模事業者持続化補助金<一般型>第3回受付分(2020年10月2日締切)について、採択審査を実施した結果、日本商工会議所受付分の有効申請件数7,128件のうち、3,714事業者が採択(採択率52.1% 採択者の補助金申請額合計:約26億円)されました。

 次回第4回受付分の締切日は2021年2月5日です。


採択者一覧(日本商工会議所受付分)
https://r1.jizokukahojokin.info/index.php/saitaku#saitaku3

令和元年度補正予算「小規模事業者持続化補助金」の「一般型(第3回締切分)」の補助事業者が採択されました(中小企業庁)
https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/2021/210122jizoku.html


補助金申請用のgBizIDプライムアカウントの取得をおすすめします

 補助金の申請にはウェブ上から申請できる電子申請がおすすめです。電子申請限定の補助金もあります。
 補助金電子申請サイトjGrantsの利用には「gBizIDプライムアカウント」が必要です。
 アカウントの取得には2~3週間程度かかるとされていますので、補助金公募開始前にあらかじめ取得しておくことをおすすめします。

○gBizIDプライムアカウント取得の手順

  1. 申請書作成画面で申請書を作成・ダウンロード
    https://gbiz-id.go.jp/app/rep/reg/apply/show
  2. 必要事項を入力して、作成した申請書と印鑑証明書を郵送
  3. 2週間程度の審査後に申請が承認されると、メールが送られてきます。
  4. メールに記載されたURLをクリックし、パスワードを設定して手続き完了
  5. 取得したgBizIDでjGrantsにログインして、申請したい補助金を選んで申請

○電子申請(jGrants)可能な補助金の例

・小規模事業者持続化補助金<一般型>
・小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>(予定)
https://seisansei.smrj.go.jp/pdf/0102.pdf

○電子申請(jGrants)限定の補助金の例

・事業再構築補助金(通常型最大6000万円)(予定)
https://mirasapo-plus.go.jp/infomation/11458/

・ものづくり補助金(一般型最大1000万円)
https://portal.monodukuri-hojo.jp/


○リンク

gBizIDプライムアカウント作成画面
https://gbiz-id.go.jp/app/rep/reg/apply/show

jGrants 2.0
https://www.jgrants-portal.go.jp/

jGrants(旧サイト)
https://jgrants.go.jp/

2021年1月20日水曜日

2/22 Zoomで開催 デジタル化へのはじめの一歩を「中小企業のDXセミナー」

 業績を伸ばす企業にとってデジタル技術の導入・活用は重要な課題です。新型コロナウィルスの影響により、DX(デジタルトランスフォーメーション)導入の動きを加速させる企業が増えている中、自社の経営力向上にもつながる新時代のビジネスモデルについて、早めの情報収集が必要です。本セミナーでは、DXの意味をまず知りたい、事例から自社へ導入のイメージを広げたい皆さまを対象に、全国各地で人気の講師が分かりやすく解説します。

○日時 :令和3年2月22日(火) 14:00~16:00
○場所 :Zoomによるオンラインセミナー
○受講料:無料
○締切 :2月18日(木)
○主催 :加賀商工会議所
○問合 :加賀商工会議所 産業人材育成事業係

までに、下記申込書をダウンロードしFAX(0761-73-4599)、またはセミナー申込みリンクより申し込んでください。
なお、Zoomで参加となりますので、必ずメールアドレスをご記入ください。
※参加は加賀商工会議所管内事業所のみとさせていただきます。

セミナーチラシ

https://drive.google.com/file/d/1urevIaFrxEd5ZpSFKkOS1lLay_MW8iOx/view?usp=sharing

セミナー申込リンク

https://bit.ly/2LsllUj

2021年1月18日月曜日

【消費税】令和3年4月1日より、税込価格の 表示(総額表示)が必要になります


 2021年3月31日に「消費税転嫁対策特別措置法」が失効するに伴い、同法による価格表示の特例(税抜価格の併記、外税表示)も終了となります。そのため、2021年4月1日からは、消費者に対して商品の販売、サービスの提供等を行う事業者は、「総額表示(税込価格の表示)」を行う必要があります。

※※総額表示義務は、平成16年4月より実施されているものです。平成25年10月に施行された消費税転嫁対策特別措置法により、令和3年3月31日までは上記のような価格表示も認められています。

※事業者が消費者に対して行う価格表示が対象です。

※店頭の値札・棚札などのほか、チラシ、カタログ、広告など、どのような表示媒体でも、対象となります。


 総額表示に《該当する》価格表示の例

※ 税込価格10,780円(税率10%)の商品の例

○10,780円
○10,780円(税込)
○10,780円(うち税980円)
○10,780円(税抜価格9,800円)
○10,780円(税抜価格9,800円、税980円)
○9,800円(税込10,780円)

※税込価格が明瞭に表示されていれば消費税額や税抜き価格を併せて表示することも可能です。

■ 総額表示に《該当しない》価格表示の例

×9,800円(税抜)
×9,800円(本体価格)
×9,800円+税


参考

令和3年4月1日より、税込価格の表示(総額表示)が必要になります!(PDF)
https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/consumption/210107leaflet_sougaku.pdf

令和3年4月1日以降の価格表示について(財務省)
https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/consumption/sougaku.html

消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法(消費税転嫁対策特別措置法)(消費者庁)https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/consumption_tax/

2021年1月15日金曜日

持続化給付金/家賃支援給付金等の期限再延長(2/15まで)



1.持続化給付金


 申請期限に間に合わない特段の事情がある方の書類の提出期限が1月31日から2月15日まで再延長されました。
 また、書類の提出期限延長の申込期限が1月15日から1月31日まで延長されました。

書類の提出期限の再延長に関するお知らせ(持続化給付金HP)

2.石川県経営持続支援金

 上記1の持続化給付金(国の制度)を受けた方を対象とする経営持続支援金(石川県の制度)については、現時点では再延長について告知されておりませんが、国の制度のほうにあわせて今後再延長される可能性があります。
【1/18追記】令和3年2月15日(月)23:59までに延長されました。

石川県経営持続支援金のご案内

3.家賃支援給付金

 必要書類の準備に時間を要するなど、申請期限に間に合わない特段の事情がある方については、2021年1月31日(日)24時まで追加の提出を受け付けます。また、2021年1月以降の新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言の発出により、1月31日の期限にも間に合わない特段の事情が生じた方については、さらに2021年2月15日(月)24時まで追加の提出を受け付けます。(再延長)

家賃支援給付金の申請期限について②

4.石川県家賃支援給付金

上記3.の家賃支援給付金(国の制度)を受けた方を対象とする石川県家賃支援給付金(石川県の制度)については、現時点では再延長について告知されておりませんが、国の制度のほうにあわせて今後再延長される可能性があります。
【1/18追記】令和3年2月15日(月)23:59までに延長されました。

石川県家賃支援給付金のご案内

2021年1月9日土曜日

中小企業・小規模事業者のための「価格交渉サポートセミナー」(主催:中小企業庁)の開催のご案内(1/20~)

 このほど、中小企業庁主催により、中小企業・小規模事業者のための「価格交渉サポートセミナー」がオンラインで開催されます。同セミナーでは、価格転嫁が進まず厳しい状況にある下請等中小企業の取引条件の改善に向けて、違反事例となる取引行為や必要な価格交渉ノウハウについて、中小企業診断士が分かりやすく説明します。

 視聴をご希望の方は下記URLよりお申し込みください。


【価格交渉サポートセミナー】

○開催日時

 ・1/20(水)18:30~20:30

 ・1/23(土)13:30~15:30

 ・1/29(金)13:30~15:30

 ・2/5(金)13:30~15:30

 ・2/9(火)13:30~15:30

 ・2/15(月)13:30~15:30

 ・2/18(木)13:30~15:30 

○開催形式

 オンライン講習

○参加費

 無料

 ○対象者

 下請等中小企業の方々で、取引先との価格交渉に携わっている方等

 ○プログラム (講義90分+質疑応答)

 ・価格を上げないとどうなるか

 ・大企業に学ぶ

 ・価格交渉の前提

 ・中小企業の価格交渉

 ・法のうしろだて 等

○問合せ先

 価格交渉サポートセミナー事務局

 E-mail:kakakusupport@pasona.co.jp

 TEL:03-6262-7685(9:00~17:00)

※お申込み方法等詳細は、https://tekitorisupport.go.jp/session/を参照ください。

【予告】今後の持続化補助金等について



 小規模事業者持続化補助金を含む中小企業生産性革命推進事業について、令和2年度3次補正予算案が中小企業庁より公表されていますので、今後補助金の申請をお考えの事業者におかれましては、ご参考いただけますようご案内いたします。

 なお、募集開始時期は未定です。

中小企業庁チラシ
https://www.chusho.meti.go.jp/koukai/yosan/2020/201223yosan.pdf
(本件は3ページ目と4ページ目)

〇ものづくり補助金『低感染リスク型ビジネス枠』の創設について(予告版)(中小企業生産性革命推進事業HP)
https://seisansei.smrj.go.jp/pdf/news_210106.pdf


中小企業生産性革命推進事業

 感染対策と経済活動の両立に資する設備導入や販路開拓への投資、テレワーク等に対応したITツールの導入等を支援するため、「特別枠」を新特別枠「低感染リスク型ビジネス枠」に改編します!
現行の特別枠は令和2年12月で募集終了)


 ものづくり補助金

・通常枠 補助上限1,000万円、補助率1/2(小規模2/3)

・低感染リスク型ビジネス枠* 補助上限1,000万円、補助率2/3
* 対人接触機会の減少に資する製品開発や設備投資、システム構築等


 持続化補助金

・通常枠 補助上限50万円、補助率2/3

・低感染リスク型ビジネス枠** 補助上限100万円、補助率3/4
** ポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等

持続化給付金とは全く異なる制度です。

 IT導入補助金

・通常枠 補助上限450万円、補助率1/2
低感染リスク型ビジネス枠*** 補助上限450万円(※)、補助率2/3
※テレワーク対応類型は150万円

*** 複数の業務工程を広範囲に非対面化する業務形態の転換が可能なITツールの導入や、テレワークを行うため、複数の業務工程にクラウド対応したITツールを導入する取組


令和2年度3次補正予算案において措置予定(予算案成立を前提としており、今後内容が変更等される場合があります。)

 中小企業生産性革命推進事業の活用イメージ

○ものづくり補助金

通常枠

・複数形状の餃子を製造可能な餃子全自動製造機を開発。
・「食べられるクッキー生地のコーヒーカップ」の製造機械を新たに導入。

低感染リスクビジネス枠

・AI・IoT等の技術を活用した遠隔操作や自動制御等の機能を有する製品開発(部品開発を含む)、オンラインビジネスへの転換。

○持続化補助金

通常枠

・宿泊・飲食事業等を行う旅館にて、外国語版Webサイトや営業ツールを作成。
・飲食業がそば粉の前処理の安定化、時間短縮化を図るため、そば粉の製粉に使用する機械を一新。

低感染リスクビジネス枠

・飲食業が、大部屋を個室にするための間仕切りの設置を行い、予約制とするためのシステムを導入。
・旅館業が宿泊者のみに提供していた料理をテイクアウト可能にするための商品開発を実施。
※感染リスクの低下に結び付かない取組や単なる周知・広報のためのHP作成等は通常枠のみで対象。

○IT導入補助金

通常枠

・経理業務を効率化するため、インボイス制度に対応した会計ソフトを導入。
・労働基準に関する制度に対応した労務管理を効率的に行うため、勤怠管理ツールを導入。

低感染リスクビジネス枠

・医師や患者の間での、予約管理、診療、決済業務を全て非対面で行えるような「予約管理ツール」、「遠隔診察・診療ツール」、「オンライン決済ツール」の同時導入。


現行の「中小企業生産性革命推進事業(特別枠)」については、中小機構・生産性革命推進事業ポータルサイトをご覧ください。
https://seisansei.smrj.go.jp/


事業再構築促進事業について

 上記の中小企業生産性革命推進事業の補助金とは別に、類似した補助金制度として新たに「事業再構築促進事業」が予定されています。
https://mirasapo-plus.go.jp/infomation/11458/

既存のものづくり補助金、持続化補助金、IT導入補助金

ものづくり補助金ホームページ(一般型等は募集中)
https://portal.monodukuri-hojo.jp/

持続化補助金ホームページ(特別枠は募集終了、通常枠は募集中)

https://jizokukahojokin.info/

IT導入補助金ホームページ(2020年版は募集終了)
https://www.it-hojo.jp/