2020年7月22日水曜日

小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>第2次締切分の採択結果が発表されました



「令和2年度補正予算・小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>」(2回目締切)の採択審査結果の公表等について

 2020年6月5日締切で受付を行いました標記補助事業について、採択審査(日本商工会議所受付分の有効申請件数18,822件)の結果、15,245事業者が採択されました。

 日本商工会議所特設ウェブサイト(https://r2.jizokukahojokin.info/corona/)においても採択事業者を公表されたほか、中小機構HP(https://www.smrj.go.jp/ )でも商工会連合会受付分とあわせて採択事業者リストが公表されました。

 当補助金に申請された方のほか、今後申請を予定されている方も参考のためご覧ください。

◆採択一覧(日本商工会議所受付分)
https://r2.jizokukahojokin.info/corona/index.php/saitaku/
◆上記のうち、北陸信越(石川県内を含む)一覧PDF
https://r2.jizokukahojokin.info/corona/files/4615/9539/5869/r2c_2_hokurikusinetsu.pdf

 また、申請者(共同申請の場合は代表事業者)に対しては、別途、本日(7月22日)付で、補助金事務局から郵送にて「採択通知」「不採択通知」のいずれかが発送されます。

 採択事業者に対しては、応募時に併せてご提出いただいている「補助金交付申請書(様式4)」や、補助対象経費(「経営計画書(様式2)」の一部)等を補助金事務局が確認・精査のうえ、適正な内容と確認できた案件から、順次、「補助金交付決定通知書」が発送されます。採択事業者においては、この「補助金交付決定通知書」の日付から補助事業の実施が可能となります。

*採択事業者に「補助金交付決定通知書」を発送する際に、併せて以下の資料が送付される予定です。

①交付規定
②補助事業の手引き
③実績報告書等の記入例

※いずれの資料も特設ウェブサイトの「採択者向け情報」のページからダウンロードできます。

 確認作業の結果、交付決定を受けるためには書類の修正等が必要な採択事業者については、不備・不足等の内容を記した「不備通知」を採択通知書に同封し、当該採択事業者に早急の対応依頼がまいります。

 「事業再開枠」につきましては、交付決定後に順次案内される予定です。

 ご不明点等あれば、早めに補助金事務局までお問い合わせいただくよう、お願い申しあげます。

●お問い合わせ先(補助金事務局)


「公募要領」や「よくある質問」等をご覧のうえ、ご不明点がありましたら、以下の電話番号までお問合せください。

【制度や第3回の申請方法について(中部、近畿、中国、四国、九州の商工会議所地区の事業者の方)、第1回・第2回に申請された方】
電話:03-6447-5485
※混雑対策のため、東日本と西日本(石川県含む)で問い合わせ先が分割されています。

【交付決定にかかる「不備通知」への対応や実績報告書等に関するお問い合わせ先・提出先】
日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金事務局
〒151-8799 代々木郵便局留め
TEL:03-6447-5485 <令和2年度補正予算事業の専用番号>
(9:30~12:00および13:00~17:30、土日祝日・年末年始除く)

参考:今回の補助事業の事業完了最終期限・実績報告書等の提出最終期限について

事業完了期限
 最長で、2021年3月31日(水)まで
実績報告書等の提出期限
 当該事業者の事業完了日から30日後まで【最終期限:2021年4月10日(土)】

0 件のコメント:

コメントを投稿