2018年8月10日金曜日

来春施行される「働き方改革関連法」って、結局企業はどうすればいいの?

厚生労働省から「働き方が変わります!」というチラシが届きました。




―働き方改革って最近よく聞くけど…結局どう変わるのか?

簡単にいうと、
時間外労働の上限が、月45時間、年360時間が原則となります。
・年次有給休暇の確実な取得が必要で、特に毎年5日、時期を指定して有給休暇を企業は労働者に与える必要があります。
正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差が禁止されます。




―いつから変わるのか?

大企業では2019年4月1日、中小企業では2020年4月1日より施行されます。




―今のうちに企業は何を準備すればいいか?

例えば、残業時間が長くなりがちな職場は時間外労働の上限規制にどう対応するか考えなくてはなりません。
特に、ベテランのパート・アルバイトを多く抱える企業は、同一労働同一賃金をいかにして考えるべきか、会社に合った形での導入を検討していかなければなりません。

すでに、企業側が時期指定休暇を取るよう労働者に促している企業もあります。就業規則の改定が必要な場合は、早めに動きましょう。



詳しくは、チラシ(コチラ)をご確認下さい。



















0 件のコメント:

コメントを投稿