2014年5月8日木曜日

消費税率引上げ分は何に使われるのか、社会保障と税の一体改革説明会in石川


本年4月より、消費税率が5%から8%に引き上げられました。
消費税率はなぜ引き上げられたのか、税率引上げ分は何に使われるのか、税率引上げにより景気は悪くならないのか、社会保障制度は将来も大丈夫なのか、・・・。
こうした皆さまの疑問にお答えするため、北陸財務局では関係省庁の職員による説明会を開催します。多くの皆さまのご参加をお待ちしています。


開催日時:
平成26年5月19日(月)13:15~15:15[開場12:45]

会場:
金沢新神田合同庁舎8階大会議室(石川県金沢市新神田4-3-10) MAP
※駐車場には限りがございますので、 ご来場の際には、なるべく公共交通機関をご利用ください

プログラム:
1.国の財政事情、社会保障と税の一体改革等(財務省)
2.社会保障制度改革等(厚生労働省)
3.中小企業支援を中心とした好循環実現のための経済対策等(経済産業省)
4.質疑応答

主催者:
総務省、財務省、厚生労働省、経済産業省

定員:
100名(先着順)参加無料

お問い合わせ:
財務省 北陸財務局 財務広報相談官
TEL:076-292-7866
FAX:076-291-6226

インターネットからの参加申し込みは下記リンクをクリック
http://hokuriku.mof.go.jp/kouhou/setumeikai-ishikawa.html

(T.I)

0 件のコメント:

コメントを投稿