2013年4月4日木曜日

通常議員総会

平成25年度事業計画・収支予算案を承認
北陸新幹線金沢開業に合わせた経済界の連携拡大、市内中小企業の活性化を推進など
         通常議員総会
加賀商工会議所は、3月29日(金)正午より、通常議員総会を開催し、平成25年度の事業計画及び収支予算案を審議し、承認可決した。
 新家会頭は、「国の新たな経済政策、アベノミクスによって、現在、円安・株高傾向が続き、景気が良くなるとの期待値が高まっていますが、経済界、特に中小零細企業では、平成25年3月末で打ち切られる、金融円滑化法終了後の金融機関に対する不安感が増しています。今後の資金繰りへの不安を解消し、各企業の経営課題に応じた最適な解決策を、各企業の立場に立って提案し、万全の支援体制で臨むよう事務局に指示している。
また、県も市も新年度予算では、北陸新幹線金沢開業に向けた観光振興策が中心の事業となっておりますが、当所も、あわら温泉や永平寺町、南加賀エリアなど、近隣の経済団体や観光団体との広域交流や、食を中心とした加賀ブランドへの取り組み、自転車利用観光地への取り組み支援、また、「かが元気塾」等の人財育成支援を行いたい。」と述べた。また常議員の選任を行い、西野栄一氏(金沢信用金庫大聖寺支店長)を承認した。
 総会に先立ち、日本商工会議所通常会員総会において、役員議員の永年勤続20年表彰を受けられた監事の下口幸雄氏に、新家会頭が表彰状と記念品を伝達した。


平成25年度事業計画書

わが国経済は、昨年末に安倍政権が誕生し、経済再生に向けて、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の、いわゆる3本の矢の政策が打ち出されました。特に大胆な金融緩和やデフレ解消への期待からか、超円高であった通貨の超がとれ、合わせて株高もあいまって、景気回復への期待感が続いております。しかしながら、一方で、欧州政府債務危機の状況は依然として予断を許さない状況にあり、アメリカの緩やかな景気回復軌道も日本経済を押し上げるには時間がかかるものと思われます。
加賀市におきましても、為替レートがこのままで推移すれば、ものづくり産業においては好循環が期待されますし、北陸新幹線の金沢以西においても、中心線測量と言った具体的な工事が始まり、ようやく加賀エリアにも新幹線建設の槌音が響くことになります。さらには、加賀温泉駅と共にその周辺の整備や、国道8号の拡幅工事、南加賀道路の加賀インターまでの整備も加速されるのではないかと思われます。
こうした中で、商工会議所が推し進めてまいりました国道8号の「道の駅」誘致を含めた賑わい創出事業は、昨年12月に「加賀道の駅基本構想」として加賀市に提出しましたが、本年度は、市の基本計画策定の動きとあわせて、その運営主体となる新会社設立準備のための研究を図ることとしております。
また、2年後に迫った北陸新幹線の金沢開業に向けた取り組みについては、都市交流委員会が前年度より進めてまいりました、あわら温泉や永平寺町との交流を深めていくと共に、南加賀エリアとの広域連携をなお一層強化しなければと考えております。また、加賀市の歴史や文化、工芸や食・産業にいたる各分野での専門的知識を持つ方々を会議所に登録し、その能力を有効に活用していくためのデータベース化も図っていきたいと考えております。
一方、中小零細企業への支援につきましては、今年3月に切れます金融円滑化法への対応や、「中小企業経営力強化支援法」に基づく経営革新等支援機関に当会議所が新たに認定を受けることで、市内中小企業の活性化を推進して参りたいと存じます。
さらに、将来の加賀市を背負って立つ若手後継者や従業員、高校生等の人財育成や、若い世代の出会いの場としての婚活プロジェクトにも積極的に取り組んでいくほか、若手経営者集団が加賀市活性化のために行動しております「かがやき事業」や、「温泉ライダー」等につきましても支援して参りたいと存じます。  
本年度は、このような観点に立ち、以下の重点事業を行政当局や関係諸団体との連携を強化して推進して参りますので、会議所役員・議員をはじめ、会員皆様方のなお一層のご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

Ⅰ.商工会議所組織と活動基盤の強化、ネットワークの充実
1.任期満了に伴う役員・議員の改選
・議員選挙10月、役員改選11月
2.議員総会、常議員会、部会、委員会等の活動強化と情報ネットワークの確立
3.政策提言・要望活動の促進
4.会員事業所従業員交流事業の推進(婚活事業)
5.会員増強運動の実施と会員福祉共済制度の加入促進

Ⅱ.産業活性化対策事業の促進
1.時代が求める人財育成と雇用対策の推進
・国家技能検定の取得支援
・高校生就職キャリアアップ支援
・社会人産業人財育成事業の開催
65歳までの継続雇用支援
2.創業エキスパートバンクによる創業支援
3.加賀ブランド創生事業の推進(加賀市ブランド推進協議会との連携)
4.「中小企業経営力強化支援法」認定機関として経営革新の支援

Ⅲ.国道8号線の拡幅に合わせた加賀道の駅建設推進事業の促進
1.加賀市らしい「道の駅」建設実現にむけての調査・研究活動
・運営主体となる(仮称)加賀の道の駅運営会社の設立準備のための研究

.北陸新幹線金沢開業に合わせた交流人口の拡大事業
1.広域観光対策の推進と魅力ある観光地づくり、観光文化の発信
・南加賀商工観光推進協議会事業の強化及び連携
・福井県県境観光・商工団体との交流・連携
2.MICE(国際的な会議や見本市等)やインバウンド等の市場開拓への充実促進

Ⅴ.産業振興事業の推進
1.多様で活力ある地場産業の振興と販路開拓
(1)新技術、新商品開発、販路開拓の促進、支援
(2)統工芸品の販路開拓と若手作家の育成・作品購入促進支援
(3)“かがやき”事業や“温泉ライダー”への支援強化


2.観光対策の推進
(1)「住んでよし訪ねてよし」の観光・まちづくりの推進
(加賀らしい品格ある町並景観づくりの推進)
・大聖寺 城下町の整備支援
・山代・片山津総湯周辺整備による情緒の向上
(2)観光周遊バスCANBUSと停車場周辺施設等の充実による観光コースの魅力向上とリピーター客増加の促進支援
(3)地域が一体となった観光客の誘致、外国人旅行者の受け入れ体制の充実支援
・台湾・韓国・中国からの観光客誘致(インバウンド)の推進と新路線(香港・タイ)便の就航促進

Ⅵ.中小企業相談事業の充実強化
1.経営安定化策の推進
 ・企業の経営安定化に向けたセーフティネット対策の推進
・中小企業円滑化終了後の対応強化
・市内金融機関との定期的な協議
 ・消費税率の改定に伴う相談体制の充実
2.中小企業診断士等専門家による経営改善指導
3.若手後継者の育成強化と能力開発のための諸施策の推進
4.商店街等小売商業活性化に関する指導
5.各種講習会、講演会等の開催
6.珠算・簿記・IT等商工技術の振興に関する事業の推進

Ⅶ.調査事業の推進
1.景気動向に関する調査の実施
(1)商工会議所早期景気観測調査(CCILOBO

Ⅷ.広域社会資本整備の促進
1.北陸新幹線早期全線開通(白山車両基地から敦賀までの早期整備)と魅力ある加賀温泉駅及びの周辺部の早期整備の推進
2.小松空港の機能拡充・国際化促進とアクセス道路の整備促進
3.国道8号線拡幅及び南加賀道路(加賀IC~加賀温泉郷~小松IC)の早期完成
  と白山眺望拠点の情報発信
4.災害支援対策と道の駅などを活用したモータープールの導入促進
5.片山津温泉「街湯」にあった回遊性のある街並みを推進するための柴山潟周辺の整備促進
Y.T

0 件のコメント:

コメントを投稿